belkin(ベルキン)のUSB3.0ハブを購入【4ポート/F4U073qe】

      2016/06/17

2016-06-15 21.20.46

ついこの間ORICOのUSBハブを購入しすぐ返品しました。

「普通に使えるUSBハブねぇのかよ!」と発狂しながら妥協しながら次に辿り着いたのはベルキンのUSBハブ(F4U073qe)。

【過去記事】ORICOの10口USB3.0ハブP10-U3を購入

【過去記事】【不具合注意】ORICOの10口USB3.0ハブP10-U3を返品

belkin(ベルキン)とは

ベルキン (Belkin International, Inc.) は、コンピュータの周辺機器を開発・販売するアメリカ合衆国の企業である。1983年に設立され、現在は日本でもiPod・iPhone用周辺機器などで知られる。AVケーブルは日本国内ではパイオニアが代理店として販売を行っていたが、2013年現在では販売は完了している。アメリカではルーターUSB機器の開発・販売も行っている。2013年3月にシスコ株式会社のコンシューマーブランド、リンクシスを買収した。2013年6月にプロサイクリングチームへのスポンサーシップを発表、2013年7月のツール・ド・フランスより、ベルキン・プロサイクリングチームが初参戦した。

【引用】https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%B3

ふむふむ、確かにApple製品の近くでたまに見かけますよね。

ちなみにbelkinの製品はこのブログを始める前にも買った事があって、それはBluetoothのミュージックレシーバー。

今でこそBluetoothスピーカーが充実してて良いんですけど、その時はまだ少なくてJBLのタコみたいなスピーカー「JBL CREATURE」に付けて使ってたんです。

↑これがまた良い低音出すし、見た目も個性的でインテリアに最適。(昔は自分の好きなアイテムで固めた部屋作りしてたんすよ・・・)

逸れちゃいましたが、そんなこんなでbelkinとの出会いは結構前に遡りますよーという話。

開封

2016-06-15 21.20.55

belkinはApple製品を意識した作りなっているので(たぶん)MacBookProとの相性問題も起こりにくいだろうと。

ちなみにORICOの時は10ポートもありましたが、これは4ポートです。

ぶっちゃけもっと欲しかったですが、安定動作を求めて諦めました。

特に多ポートのセルフパワーUSBハブだとエレコム/サンワサプライ/ANKER/ORICOがほとんどで、このあたりは今回一律に候補から除外していたためもう選択肢がなく・・・。

まじで少々高くても超安定動作をウリにした多ポートハブ作れば売れますよ〜どっかのメーカーさん。

2016-06-15 21.22.41

なんかbelkinって「中国の企業だよ」って言われても納得できるし「ヨーロッパの方の企業だよ」って言われても納得できるし、むしろ「アメリカ?ほーん」って印象でした。

特にANKERみたいな中国企業もありますし、ずっとbelkinもそうなんだと・・・。

さてさて開封してみたら中身はこんな感じ。

やたらと交換プラグが多いですね、どの国に行っても使えそうな勢いです。

2016-06-15 21.23.27

2016-06-15 21.22.56

付属のアダプターは中国製なんですね。

まぁどのメーカーもそうでしょうし、上の言葉に他意はありません。

ちょっと電気はよくわからないんで、わかる人向けに撮ってみただけです。

2016-06-15 21.24.05

日本仕様に交換。

プラグの下にある□みたいな所を押しながら上にスライドさせると外れます。

2016-06-15 21.25.30

USBmicroBと電源端子。

もちろんORICOにあったような中途半端な刺さり方はしません。ちゃんと奥まで入ります。

2016-06-15 21.26.16

本体がMacBookProに極めて近いアルミの質感で、デザイン的な親和性はかなり高め。

プラスチック筐体のUSBハブより高級感がありますね。

まぁ、高級感よりも安定動作ですが・・・。

使用してみて

今現在、ポータブルHDD2台とマウスレシーバーを接続していますが全く問題ありません。

使い始めて2日目なのでまだ注意ですけど、今のところ信頼感はバツグン。

見た目もあいまってApple純正みたいな感じです。

否、否テック。

惜しいところもちゃんとありました。

それはUSBケーブルの太さ、硬さに対する本体の軽さ。

十分なケーブル長はあるんですけど、USB3.0ケーブルにありがちな太さを凌駕する太さなんですよね。

割と本気で普通のHDMIケーブルと同じ位の太さ

曲げに対しての耐久性があると言えばそうかもしれないですけど、取り回しがしにくい。

本体も軽いためUSBケーブルのしなりに耐えられず振り回される始末。

ここが改善されて多ポートverも出ればかなり良い線いきそうです。

あとUSBポートが硬いのか刺す時に力を入れて押しこむ必要あり。(抜けないようにあえてなんですかね?)

 

とりあえず様子を見て不具合が起きないようであれば、極細のUSB3.0microBケーブルを買って交換してみますか。

あとがき

4ポート中3ポートが塞がれて、残り1ポート。

RetinaのMacBookになってからデータ用とTime Machine用で外付けHDD2台が必須である事は変わらなさそうですが、モバイルを犠牲にして2台収納できる外付けを使うか、ポートを犠牲にしたまま使うか、他の手段を考えるか・・・。

これはまた1人不定期開催の「バックアップどうする?」が催されそうです。

 - Macとデジモノ, 買ったもの