【簡単】dropboxのフォルダ(同期先)をSDカードにした

   

2016-06-13 11.07.19

普段スマホで撮った写真は自動的にDropboxへアップロードされる設定(自動アップロード)にしてます。

そうするとMacとの共有が楽だからなんですが、写真が貯まると何気に容量食いますよね。

そこで、使ってないSDカードスロットを有効活用して外部に同期させてみました。

Dropboxの原理

そもそもドロップボックスやGoogleドライブを始めとするオンラインストレージって同期が基本で

【PCの特定フォルダ】⇔【オンラインストレージサーバー】

を常に同じ内容で保ってます。

 

そのおかげで便利な事もあるんですけど、PCのストレージが小さいと容量を圧迫するのが悩みどころ。

「外部に作ったフォルダと同期させたい」と思いますよね。

しかし、例えばUSBメモリ内のフォルダにどうにか同期させたとしましょう。

ふとそのUSBメモリを抜いてPCを起動させた場合・・・

 

dropbox「なんだPCにファイルねぇじゃん、こっちにあるのも全部消すわ」

 

となるワケです。

要は何が有ってもそのUSBメモリを挿しっぱなしに出来るなら良いのですが、ノートパソコンだと難しい。

ましてや大切なUSBポートが1つ塞がりますし・・・。

そこで使ってないSDカードスロットを使おうと思い立ったのでございます。

外部同期の方法

シンボリックリンクを使ってどうのこうの〜ってやり方があります。

実は前にも外部に同期させたいと思ったことがあり、シンボリックリンクを作る方法でやってました。

でも先ほどの挙動を危惧して以来「黙って普通に使ったほうがいいや」と。

 

一度そう思ったにも関わらずまた懲りずにやるんですけどね。

今回はSDスロットですし。

で、シンボリックリンクを作る前に一度普通に出来ないか試してみました。

スクリーンショット 2016-06-12 8.19.32

お、何もせず普通に外部指定できるじゃん!

ちなみにSDカードの名前はフォーマットの際に「Dropbox」と変更したので上のようになってます。

リンクを解除せずに場所を変えたら、

「今あるフォルダのファイルを新しいフォルダに移動しますか?」

と聞かれ、頷いたら、

スクリーンショット 2016-06-12 8.14.48

おひょー!手間なしやがな!

便利な仕様になり嬉しいですな。

あとがき

「シンボリックリンクなんか使わなくても普通に出来るようになったよ!」

というのが伝えたい事でございました。

で、トップ画像につながるのですが・・・MacBook用の短いSDカードアダプタを買おうか検討中です。

2016-06-13 11.07.19

 - Macとデジモノ, 生活向上