粉瘤が出来たけど飲み薬だけで切らずに済んだ話

      2017/04/26

img_20161215_154401

かれこれ1ヶ月半前、粉瘤が出来ました。

それも、デリケートゾーンに。(具体的に言うと男性のアレの付け根の横らへん、脚の繋ぎ目?)

最終的に切らずに整形外科の先生から「良くなったね、もう来なくていいよ」と言われました。

粉瘤は早く診てもらうべき

できものが出来たら要注意

最初はニキビみたいなモノか?と放置していました。

自然に治ると思ってたんです。

しかし、だんだん痛みが出てきたので「なんか塗るか」と薬局に行きました。

できもの系の軟膏でいいのはないかと事前にネットで調べていた「ドルマイシン軟膏」を購入。

抗生物質入りの「テラマイシン軟膏」と名前が似ているのですが、そっちはなんか怖そう(抗生物質が)だったのでやめました。

それをしばらく塗り塗りしていたら、本格的に痛くなってきました。

「もしかしてこれ逆効果なんじゃね?只者じゃないぞ」

とネットでバシバシ調べていたら「粉瘤」というワードに遭遇。

「きっとこれだ!でも病院で診てもらおう」と近くの整形外科にGO。

先生から「あぁ、粉瘤ですね、しかも膿溜まってる。とりあえず薬飲んで引かない様なら切って膿だすから(ニコッ)」と診断されました。

一応採血するねーと血を抜かれ、飲み薬を5日分処方してもらい帰宅。

ちなみに薬は「オーグメンチン配合錠250RS 375mg」というもの。

ペニシリン系の抗生物質で感染症を治療する薬です。

耳鳴り、めまい、発熱、咳、呼吸困難、蕁麻疹、腹痛、激しい下痢、血便、貧血などの症状が見られた場合はご連絡下さい。

お薬と共に入っていた説明書きにはこのように書いていました。

処方せん薬局の人曰く「下痢になりやすいから異変を感じたら無理しないで」とのこと。

なんでも悪い菌も良い菌も殺すから腸内バランスが崩れやすいとかなんとか。

膿が溜まったら切られるのを覚悟

薬を飲み切り再度整形外科を訪れました。

その頃はまだ痛かったのですが、全盛期は超えた感じでしょうかね。

先生に見せると「あぁ、まだかかるねぇ、切るかい?」と聞かれました。

切りたくない人はここで「NO!」と言うのかもしれませんが、膿んだ粉瘤はめっちゃ痛いです。

むしろ「切ってこの痛みが消えるなら切って欲しい」という感じでして。

「ぜひ切って下さい」と。

そのまま場所移動せず簡易ベッドみたいな所で行われました。

まずですね、麻酔を打ちます。

ちなみに僕は小学生の頃にも怪我で麻酔を打たれた経験があり、その時は傷口をぐるっと4,5本は打たれた様でした。

今回はたった1本だけ。

その後、切って膿を出すのですが・・・ひと言で言うと、

めっちゃ痛い。

場所が場所なので膿を出す様子は見ていません。

しかし、この痛さを表現するなら以下でしょうか。

「メスで粉瘤の場所を何回も切られているような感じ」

しかも時々「かなり深く切ってます?」みたいな、ジワッと深く焼き付くような痛みが訪れます。

おすすめの耐え方としてはですね・・・。

  • 顔芸をすること
  • 静かに声を出すこと

その後、ガーゼ?を当てテープで止め終了。

「今日は風呂に入ってはならん、また明日来るよろし」と言われました。

家に帰ってから「あの痛みなら相当切られたんだろうなぁ」と傷口を見てみたら・・・

全然切られてませんでした、なんか小さな穴がポツンと。

なるほど、あの痛みは絞り出す痛みだったのか!!!!!

そして麻酔が全然機能してなかったのか、それとも機能してあの痛さなのかと考えると夜も眠れませんでした。

粉瘤との別れ

今回、手術しないってよ

それから複数回、粉瘤の様子を見てもらうために通院しました。

その間、ネットで粉瘤についての知識を蓄えたりしてました。

  • 粉瘤は手術で袋を取らないと再発する
  • 軟膏とかじゃ治療は無理
  • 粉瘤が出来る原因は不明
  • ティーツリーオイル塗って治した方がいる
  • どくだみ茶がいいらしい

かれこれ4,5回通って「じゃあ最後に3日分薬飲んでね」と言われた時は「次回、ついに手術か!袋を取るのか!」

そう思いワクワクした反面「また痛いのかなぁ」とテンションが下がる感じでした。

ちなみにこの頃はもう痛みは無くなってるので余計に痛みに対して恐怖を感じるんですよね。

なんとか3日分飲み切り、いざ出陣!と先生に見せに行ったら・・・

「良くなったね、もう来なくていいよ」と冒頭に帰結するのでございます。

「切らないのですか?」と聞いたら

「うん。でもまた再発する可能性はあるから、もし次出来たら化膿する前に来てね。そしたら袋出すから。」と。

かなり覚悟したのに拍子抜けしましたね。

これがマイファースト粉瘤とのセッション一部始終。

粉瘤はもう嫌だ

健康的な生活を心がけましょう

原因が特定できないので何とも言い難いです、きっと何かがダメだったんでしょう。

とりあえず僕は「毎日どくだみ茶を飲む」という習慣を取り入れました。

わかんないけどこれ飲んで予防になるなら毎日続けますわ。

っていう位、粉瘤は厄介で痛いです(化膿すると)

もう関わりたくない。

そして、適当に塗り薬で済ませようとするのは絶対に止めましょう。

ちなみに・・・

両親に粉瘤の話をしたら、両親共に粉瘤の経験があるようです。

しかし化膿する前に手術で取り除いたため、痛さは記憶にないようで・・・。

痛がる僕に「粉瘤ってそんな痛かったけ?」と不思議そうな感じでした。

な・の・で

早く病院で診てもらったほうがいいです。

そしてどくだみ茶は下記を買いました。

他のどくだみ茶は中国産で不安という声があったので、じゃあ右にならえで国産を・・・と。

ひしわ 国内産どくだみ茶ティーバッグ(水出し・お湯出し両用) 20P入

 - 起きたこと