電子書籍読むために今更ながら初代iPad Airを購入

   

2016-08-10 16.13.24

電子書籍を気持ちよく読みたいと思いiPad Airを買ってしまいました。

タブレット遍歴

うろ覚えではあるんですが、今まで所有してきたタブレットは

  • iPad miniを2回(初代とretina)
  • Nexus7を2回(2012と2013)
  • Xperia Z3 Tablet Compact

と計5台のタブレットを買っては手放ししてました。

そこで出た結論は「タブレットなんていらないよ!もう買わない!」ということだったのですが、また買ってしまったんですよね。

タブレットに求めた事が変わった

なんでまた買ったのかというと、タブレットに求めていた事が変わったから。

以前は「パソコンの代わりであること」を求めていました。

今の着脱式キーボード前提なWin10タブレットならわかりませんが、上の皆々様はどう頑張ってもパソコンの代わりにはなれなかったのです。

結局「重くてもちゃんとパソコン持ち歩いた方がええわい!」と・・・。

 

でも今は「電子書籍を快適に読みたい、タブレットは完全家置きでいい」という気持ち。

やはり道具はそもそもの用途からはみ出ないのが一番なんですかね。

とはいえデジタルガジェット系はその垣根を飛び越えるのが良かったりもするんですが・・・。

iPadである理由

最初はgearbestっていう外国の通販サイトで中華パッドを買おうと思いました。(ondaとかteclastあたりの)

なぜならmicroSDカードが使いたかったから。

電子書籍ならば外部メモリに保存できないと本体だけじゃ足りなくなるよななんて考えていたものでして。

(オンラインストレージとかクラウドはとにかく遅いので直読み込みで)

あと価格も2万円前後でお手頃ですし・・・。

 

しかしですね、よくよく考えるとiPadの大容量メモリを買えばええのではないか?と。

64GB/128GBなら、実際に使える容量は少なめに見積もっても50GB/110GBくらいですかね。

例えば64GBのiPad Airを買って一冊100MBの電子書籍を放り続けた場合約500冊は入る(かなりざっくり計算ですが)

 

500冊入れば十分ではなかろうかと?

僕の読書ペースで500冊も電子書籍が溜まるのにどれくらいかかるだろうかと。

「数年かかるようだったらもう新しい端末に変えてる可能性あるよね?」と。

 

それなら只今急降下中でもプロダクトとしてはしっかりしてるiPadにしようかなと。

初代のiPad Air 64GB Wifi(指紋認証付いてない奴)なら新品でもお手頃価格だったため決定。

 

中華パッドもいじってみたかったけどね・・・。

AmazonでiPadケース

スマホなどは裸で使うのが好きですが、タブレットは板面積が広いので「風呂蓋みたいなアレが欲しい」とAmazonで購入。

2016-08-11 18.20.49

2016-08-11 18.22.42

1500円しなかったような・・・安すぎ。

2016-08-11 18.22.57

以前iPad miniに純正の風呂蓋を買った時はマグネットで装着する仕様となっており背面は何もなくスマートでした。

こちらの背面はプラに覆われてて野暮ったくなりますね。

まぁ背面ももれなくガードできるので良いっちゃ良いんですけど。

2016-08-11 18.24.31

全く手こずることもなく装着できました。加工精度はよさ気ですね。

2016-08-11 18.22.26

合皮モドキみたいな表面。

本革モドキが合皮でその合皮のモドキもあるなんて奥が深いですよね。

9.7インチは重いけど読みやすい

画面サイズによって可変する電子書籍ならなんも9.7インチもいらんのですよ。

手持ちのNexus6Pで十分。

でも僕が見るのは主に画像になった書籍でして・・・。

故にスマホとか7インチ程度のタブだとズームしないと見れない面倒くさい。

 

難点としてはAirでありながらも重いと感じてしまう所でしょうか。

苦痛になるほどではないんですけども。

 

今はAssistive Touchにスクショを登録して、見返したい所はスクショ取っておく感じでやってます。

そのあとエバーノートに流したいんですけど、パソコンとスマホで使ってるんで3台目を加えるには有料プランに行かねばならず。

必要に迫られるまで保留にしてる段階です。

あとがき

色々求めると不満が出てくるものですが、目的を絞ればいいもんですね。

不得意な事はしないと。

 - Macとデジモノ, 買ったもの