マインドマップソフトならMindNode Proが最適

      2016/04/23

スクリーンショット 2014-11-30 16.40.16

よく1つのワードから枝がぴょんぴょん伸びてて、関連のあるワードを書いてくアレあるじゃないですか。そうそう、マインドマップ。watanabeはマインドマップという名前だと知らずに今まで生きてきましたが、最近のサイト作りでキーワードから関連付けて考える事が増えため「あのマップなんて名前や?」と調べた事が今回の記事に繋がります。と。

結構色々出てるのね

で、僕は知りたかったワケですよ。「何が一番使いやすいのか?」でもよくわからなかったのでとりあえず2種類使ってみることにしました。

Exobrain

Exobrain

ソフトじゃなくてブラウザ上で動くやつなんですが、最初に使ったのはコレでした。アドレス入れて登録するだけなので簡単です。日本語じゃないのでわかりにくいなぁーとか思ってたんですが、案外簡単な英語なので普通に使えます。試しに「お菓子」からこんな感じにサクサクとキーワードをつなげてみました。一番最初に使ったからというのもあり、すごく使いやすい。

スクリーンショット 2014-11-30 16.55.28

でもこれ、無料版だと3つしか作れないんですよ・・・マップが。それ以上作るなら有料版ヨロシク!ってさ。これならお金払ってもいいかなぁーと思い、支払い方法を調べたら日本円じゃなかったのでそっと閉じました。

MindNode Pro

MindNode Pro

お次はMindNode Pro。プロって付くと反応しちゃう自分。こちらも公式サイトは日本語ではありませんが、ソフト自体は日本語対応してるので迷いなく操作できます。なんかマップデザインがExobrainとくらべてだいぶ脱力系ですね。

しかし使い勝手は良いです。お試ししたいという方のために無料版も用意されてます。僕は無料版を入れて3分後には有料版(2,000円)をAppStoreで買っていました。なんといいますか、3つ以上作れるならコレ使うよって勢い。

スクリーンショット 2014-11-30 16.38.18

なんでもiPhoneやiPadとも連携・共有できるみたいです。しかしiPhone版もまた有料アプリ(1,000円)となっており、ガシガシ使うには計3,000円はかかるという。

でもまぁ便利ですし、今までずっと方眼紙やコピー用紙に手書きしてた自分にとっては3,000円以上の価値があります。アフィサイト作りにも利用しますが、そもそも本業でも使いますからねー!ということでiPhone版も購入。

写真 2014-11-30 17 19 13

iPhone版はキーボードも無いですし、操作性においてはMac版より劣る反面ちょっとしたメモ代わりに打ち込むには便利な手軽さです。

iCloudでの共有方法

Mac使いなのに使いこなせてないwatanabeがちょっとつまずいた点。共有は一応DropboxとiCloudが使えるのですが、DropboxからだとどうもMacで作ったファイルをダウンロードすることしかできませんでした。(編集して再アップができない)

となると、iCloudしかありません。しかし日本語の説明がないので共有の仕方がよくわからない。試行錯誤の上辿り着いた(というほどのもでもないですが)のでメモしときます。

iPhone側でiCloudの共有を入れる

写真 2014-11-30 17 50 58

 

Mac側でiCloud内にファイルを作る

スクリーンショット 2014-11-30 17.51.18

僕の狭い視野には左上のボタンが入っていませんでした。ずっと「このMac内」にファイルを作っていたのでいつまでも共有できずに苦しんでいたという、そんなもんです。

あとMacとiPhoneで同時に起動して片方で編集してもリアルタイムで反映されるということはないです。iPhoneの方は保存ボタンがなく、マップ一覧に戻るかホームに戻れば保存されるっぽいです。しかし定かではないので同時に起動するのはやめましょう。

あとがき

なんか今回はデジタルな記事になりました。こういうのも面白いかも。僕より上の世代からみると、僕もそこそこデジタルなツールを「使いこなしてる人」として見られるのですが、そんなこと全然ありませんでした。でも逃げてたらさらに鈍くなってきますからね、先端を追い続ける気はありませんが、便利な物は積極的に使っていきたいものです。

ちなみに今まで方眼紙やコピー用紙にマップを手書きしてたと書きましたが、書いた後は捨ててました。なんともったいない。これからは過去のアイデアをぶつけるための材料として保存していこうと思います。

マインドマップに関する書籍はこちら

 - 生活向上