【OKI】C301dnのリサイクルトナーで格安印刷が実現

      2016/04/25

写真 2015-07-08 15 34 03

長らく使っていたOKIのカラーレーザープリンターCOREFIDO2 C301dnのトナーが尽きてしまったので、リサイクルトナーを入れて刷ってみた話です。

純正品の謎価格設定

インクジェットプリンターは特にその傾向が強いみたいですが、リサイクルトナーは故障の原因になりやすいです。実際に過去数台リサイクルインクでプリンターがおしゃかになったことがあります。

なので、レーザープリンターを使う今も「トナーはやっぱり純正品かなぁ〜」なんて思ってたワケですが、価格を見て買う気が失せました。

純正は4色フル交換で本体価格より高い

ブラック TNR-C4JK1 4,860円(4,500円)
イエロー TNR-C4JY1 7,776円(7,200円)
マゼンタ TNR-C4JM1 7,776円(7,200円)
シアン TNR-C4JC1 7,776円(7,200円)

およそ25,000円

COREFIDO2 C301dn本体はスタータートナーが付いて15,000円ちょいです。まぁ印刷枚数に差はあれど、それならプリンター本体ごと買い替えますよ!と。

COREFIDO2 C301dnの定価は50,000円位。本当にその値段で売っているなら純正トナーでも納得できますが実際は先程書いた通り15,000円ちょいと安く買えるので、どうも納得いきません。

とはいえ、プリンターごと買い替えたとしても今あるトナー切れのプリンターは処分しなきゃいけないので、なんなら壊れてもいいという気持ちで格安トナーを買って試してみようという具合です。

互換品なら4色で8,250円

写真 2015-07-08 15 32 51

早速楽天のお店でトナーを調達。4色送料込みで8,250円とお安いです。15,000円の本体にトナーがこの位の価格だと「ならトナー買うか」って思います思いますよ。

写真 2015-07-08 15 33 15

レーザープリンターはインクジェットのようにしばらく使わないとすぐおかしくなるような事もほとんどない(自分は経験なし)と思いますし、印刷が速くて文字がシャープ。メリットが多いです。

物を減らしたい観点から言うと重いしデカいしすげー邪魔なんですが、ネットプリントでは時間とコストがかかり過ぎるので、しぶしぶ所持しています。まぁ、使用頻度は極めて高いですし、無いと困る。

トナー交換

写真 2015-07-08 15 34 36

本体左側にあるボタンを押すとパカーっと開きます。説明書などは捨ててしまったので取り替え方がよくわからなかったのですが、よく見るとトナー1つ1つにロックスライダーがあり、ここを解除すれば外れるのだと気付きました。

※その前に電源は切っておきましょう。僕は付けたまま開けてました。

写真 2015-07-08 15 36 24

右にスライドさせます。

写真 2015-07-08 15 40 12

まずは黒を交換。黄色いラベルシールがついているヤツです。装着したらスライドを左に動かしてロック。これだけです。

写真 2015-07-08 15 43 05

全部取り替えました。装着前に新品のトナーは砂時計を回すように数回優しく振って中のトナーをほぐすと良いそうです。

写真 2015-07-08 15 37 15

交換後のトナーはゴミ袋に入れてリサイクルボックスに入れるか捨てるか。トナーは吸い込むと身体に害なので、気をつけて取り扱いましょう。と。

写真 2015-07-08 15 44 59

無事認識されてトナーが満タンに!やったぜ!

 

印刷テスト

写真 2015-07-08 15 47 44

イラレでCMYKを出力しただけですが。綺麗に印刷されてます。色味も特に気になりません。その後数十枚フルカラーで刷りましたが、問題なく動いています。

リサイクルトナーも個体差や互換メーカーで差があることとは思いますが、今のところまったく正常でこれはコストダウンに最適な選択でした。

あとがき

A3レーザープリンターがあればA4サイズをトンボ付きで出力できるので欲しいなぁ〜と思いつつ、まだまだコイツが活躍しそうです。

OKI C301dnのリサイクルトナーは下記から

 - Macとデジモノ, やってみた, 印刷&DTP, 買ったもの