安くて音質の良い最強のBluetoothヘッドホンはAudioMXのMX10で決まり

   

年々進化しているBluetoothイヤホンやヘッドホン。

外出時はAmazonで買ったイヤホン「SoundPEATS Q12」を愛用しており、ヘッドホンは有線の「AKG K240 Studio」を使っています。

家でも無線のヘッドホンなら便利なのに・・・と思い、こちらの製品を買ってみました。

AudioMX MX10の良いところ

シンプルかつスタイリッシュなデザイン

音質うんぬんも大事ですが、見た目も無視できないですよね。

音質にこだわりたい人はそもそも有線一択だと思うので、まずはデザインから入ってもいいと思うのです。

このMX10は超絶シンプルな黒一色。

なのに安っぽさがなく、それでいて安い。(3,990円なり)

化粧箱も観音開きになっていてすごく凝った作りです。

日常使い余裕の音質とバッテリー

音質については問題なし。

あまり音質について語れるような肥えた耳は持ってないのですが「この音が無線なのか?」といった感じ。

AKGのK240と比べると少し高音が強い感じもしますね。

低音は軽めです。

少なくとも4,5年前に無線使ってガッカリした人は技術の進歩を感じられるでしょう。

そして、もし無線が気に食わなくても有線対応しています。

ケーブルが付属してくるので、それを挿せば有線ヘッドホンとしても使えるという柔軟性。

性能としては「2時間で高速充電し、最大26日間の待機時間、最大12時間の連続再生時間」とあります。

半日使えれば文句なしじゃないでしょうか?

ちなみに充電はmicroUSBです。(ケーブルは付いてきます)

AudioMX MX10の微妙なところ

(頭大きいので)側圧が気になる

これはヘッドホンを使うなら切っても切れない問題ですが、側圧強めで長時間使うと頭が痛くなります。

もちろん自分の頭がデカいからなのですが。

買ったばかりのヘッドホンは少し伸ばしてあげると側圧が弱まりますよね。

使わない時はティッシュボックスに装着してあげるといい感じになると思います。

あとがき

一度使うとやめられない

音楽を聴きながら何かをするとき、コードがあると動きを邪魔しますよね。

例えばトイレに行きたいときや、立ち上がった時などなど。

「その都度外せばいいじゃん」と言う人もいますが、もしラジオなどを聞いていたら話がわからなくなってしまいますよね。

なにより、外さずスムースに移動できる方を体感すると考えが変わります。

Bluetoothヘッドホンはそれなりの製品でも1万円はしますが、AudioMX MX10は3,990円です。

個人的に「買って良かった製品」にランクインしましたね。

AudioMX Bluetoothヘッドホン ワイヤレス ヘッドホン Bluetooth 4.1 無線 有線可能 最大18時間連続再生時間 高音質 オンイヤー ハンズフリー通話 タブレットPC スマートフォンなどに対応 ブラック MX10

 - Macとデジモノ, 生活向上, 買ったもの