スマホ用クリップレンズはスマフォトグラファーの必需品

      2016/04/25

_DSC0270

ここ最近、カメラにまつわる商品が増えてます。仕事にうまいこと利用できたらと思っていますが、その活用法は未だ確立されてません。

今更感もありますがクリップレンズを買ってみました。

お手頃価格のクリップレンズ

1000円程で買えたこのレンズ、それなりの商品だろうという気持ちで購入しましたが、なかなか使えるかもしれません。

_DSC0272

マクロ撮影・ワイド撮影・フィッシュアイ撮影の3役をこなせます。画像には2つのレンズしかありませんが、マクロとワイドはくっついていて、ワイドレンズを外すとマクロ撮影が出来る感じです。

画像でクリップについている一番大きいレンズがフィッシュアイレンズです。

フィッシュアイは不要、ワイドはまぁ

フィッシュアイは思いっきり歪みMAXかつ周辺がケラれてて、こういう表現がしたい場合以外ほとんど価値がありません。少なくとも僕には不要。

ワイドレンズは若干四角がケラれるものの、同じ距離から撮影するとその違いは歴然です。試しに美容室で頂いたパンフレットを撮影してみました。

iPhoneそのまま

写真 2015-07-02 2 57 24

右側の素敵な女性が見切れてます。うるツヤのふわくし・・・続きが気になる。

iPhone+ワイドレンズ装着

写真 2015-07-02 2 57 18

ふわくしゅミディ★でした。このように四角がケラれなかなか歪みますが、まぁ、許容範囲です。

マクロレンズが一番いいかも

そしてマクロレンズですが、こいつが一番使い勝手が良さそうです。試しにキーボードと十円玉を撮ってみました。

iPhoneそのまま

写真 2015-07-01 21 03 03

写真 2015-07-02 2 53 27

キーボードはピントが合う最短距離から撮ったもの、十円玉はピントは気にせずほぼ同じ位置から撮ったものです。

iPhone+マクロレンズ装着

写真 2015-07-01 21 02 12

写真 2015-07-02 2 53 17

歪みますが、これでもかという近距離から撮れます。むしろその位近くないとピントが合ってくれません。またピントの範囲も狭いです。

細部を見せたいなら使える

たとえばネットで手作りアクセサリーを売ってる方などは、マクロレンズで使用している材質やそのディティールを手軽に見せる事が出来るのではないでしょうか。

手に取れない環境だからこそ、素材感をアピール出来る写真が良かったりもしますよね。これなら生地の網目も撮れそうです。

あとがき

マクロをノートパソコンのウェブカメラに付けたらピント合わないからぼかし的な用途でもいけそう。

スマホクリップレンズを買うなら

 - Macとデジモノ, 買ったもの