細い字もスイスイ書けるスタイラス「MEKO スタイラス タッチペン」レビュー

   

「iPad Air用にスタイラスでも欲しいなぁ」とAmazonを徘徊していたところ、良さげなスタイラスがあったので購入してみました。

iPadは電子書籍用として活躍してますが、今までタブレットは7インチ8インチばかりだったため大きなタブレットの活路を見出したくなりますね。

巷のITボーイはiPad Proに純正スタイラスなんでしょうけど、僕はiPad Airにコイツです。

(あぁ、iPad Proほちいなぁ )

ちなみにMEKOというメーカーの物です。

MEKOスタイラス開封

中国製と侮るなかれ質感GOOD

とにかく箱の質感がむちゃくちゃいいです。

レリーフ加工をした様な化粧箱で、まるで2本入り1500円の箱には思えません。

なんというか、今時「中国製だから物が悪い」っていうのは完全なる偏見ですよね。

もちろん粗悪品があるのも事実ですが、恐るべきレベルで日本人が納得いく所まで仕上げてるものもあります。

スマホでいえばHUAWEIだっていい感じじゃないですか。

日本製は質実剛健で信頼性が高いっていうのも嘘ではありませんが、本当でもないですね。

こういう先入観に囚われず買い物をした方がストレスを感じないでしょう。わかりませんが。

開封、本体が2本で替えのペン先が合計6個。

ディスクスタイラスにもなれば、マイクロニットのスタイラスにもなる美味しいタイプですね。

ご丁寧にクリーニングクロスまで付いてますよ・・・。

まぁスタイラスペン自体には高級感はありませんね。

特にすべり止めのゴムが余計に中途半端な感じを醸し出しています。

上のキャップをねじねじして取ると・・・

ディスクスタイラスが出て来るんですね。

いちいちディスクとマイクロニットのペン先を付け替えたりとかは必要ありません。

外したキャップはマイクロニット側にあるねじ切りにねじねじできます。

ちなみにディスクのペン先ですが、プラスチックディスクとペン先がゴムで繋がっています。

よくあるディスクスタイラスだと鉄のペン先がボールになっていて、そこにプラスチックのディスクが直接付いてませんか?

例えるならカメラの自由雲台みたいな感じ。

あれだと書き味がゴツゴツして不快なんですが、ゴムで繋がっているこいつはかなりスムース。

iPadで早速使ってみました。

手の側面が画面に付くと反応してしまうため、手を浮かせて書くのは難しいですね。

反応しないように手袋でも付ければ良いのでしょうけど・・・。

ペン自体は非常に書きやすく、ぶっちゃけディスクが嫌いだった僕も受け入れられました。

MEKO スタイラス タッチペン総評

買って損はない

1500円で2本ですから、1本あたり750円くらいですね。

変に100円ショップのゴム先スタイラスを買うならこっちをおすすめします。

家電量販店でもスタイラスはたくさんありますが、この値段でこの品質はないですね。

超回し者みたいなレビューですが、いたって本気でそう思います。

ただ、タブレットをお絵かきや筆記に使い倒したいならiPad Pro買いましょう。

こいつを買ってみて、筆圧検知が出来ないタブレットでの限界が見えた気がします。

中に電池を入れて使うもっと細いスタイラスなんかもありますが、あれも同様でしょう。

スタイラス買っておいてなんですが、iPad Proを除く大半のタブレットは情報を「受け取る」ような使い方をした方が幸せになれる気がします。

MEKO スタイラス タッチペン2本 交換用ペン先6個 iPhone iPad Android タブレット(ブラック/パープル)

新品価格
¥1,499から
(2017/2/9 20:45時点)

 - Macとデジモノ, 買ったもの