どうあれば数多のストレスを受けずに済むのか考える人のブログ

DAILY MIND

シンプルライフ

片付けられない人でも出来る片付けの5ステップ整理整頓

投稿日:2014/05/08 更新日:

C785_tumikasanattayousyo500

部屋に物が散乱すると「あー!どこからどうすりゃいいのよー!」なんて気持ちにもなりませんか?片付けが出来なかった頃の僕はそんな感じでした。

今は整理整頓人間かつ所持品が少ないのでそのような気持ちを久しく感じていませんが。

今回は散らかった部屋からの脱却術を5つのステップで紹介します。といっても「術」なんてものはなく、やることは至ってシンプルです。

1.散乱しているものを一箇所に

C795_tumikasaneraretadoramukan500

部屋を見渡して「ここだ!」っていう所に、散らかった物全て山積みにしちゃいましょう。もう何も考える必要はないです。とにかく山積み。

足の踏み場という領土を拡大していくゲームのつもりでパパっとやっちゃいます。

 

2.「捨てるもの置き場」「残すもの置き場」に分ける

PAK25_ryouteninaganegiwomotu500

次のステップとして、要る物と要らない物を選別する必要があります。「うーんどうしよう」なんて悩む必要はありません。(大雑把に分けちゃうだけなので)残す物は拡大した領土のどこかに「残すもの置き場」として山積みにしましょう。

 

3.「残すもの置き場」にあるものを元の場所に

N811_hurubitatannsunohikidashi500

服はハンガーにかけてクローゼットに、文房具などはペンケースやペン立てなどに。本来あるべき場所に戻すのがこのステップの作業です。中には「場所なんて特に決めてないけど・・・」という物もあると思います。

その時は「住所不定品置き場」と名称を変えそのままにしておきます。

 

4.住所を付けよう、付けられないものは必要?

N112_nayandahyoujyou500

では次、住所不定品置き場にあるものをどこに置くべきか考える作業です。そしてそれらが「本当に必要な物かどうか」も考えましょう。物の存在には理由があり、人はその理由に適している場所に置くものです。

包丁はキッチンに。コレクションしているフィギュア類は棚などのスペースに。毎日使う家の鍵や腕時計、パスケースは玄関の棚に。などなど。そう考えると「住所の付いてない物って必要かな?」そんな風に思えませんか?

ということで住所の付けられないものはステップ2で出来た「捨てるもの置き場」に移動しちゃいましょう。

 

5.最後のジャッジ

OZP86_zutuugaitai500

ここまでくると部屋の片付けも終盤です。「捨てるもの置き場」にある物を本当に捨てるか悩みましょう。「やっぱり捨てない」と気持ちが変わったものはそこら辺に置かずにきっちり住所をつけてくださいね。

それをしないと次散らかった時にまた同じ所で悩みます。ここのジャッジについては

【断捨離】物を捨てたいのに捨てられない人が考えるべき3つのポイント

を参考にしてみると良いかもしれません。

あとがき

物の定位置(この記事では住所と表現しました)が決まってない事が散らかる原因だったりします。

それ以前に、足の踏み場が無い状況をどうするか考えた結果、部屋全体で「要るもの」「要らないもの」「その他」の定位置(一時的な)を作ることでした。

散乱したものを一つ一つ拾いながら片付けるのは疲れちゃいますからね。一度この片付けを完璧に行えば次散らかった時は簡単です。ステップ3を実行するだけですから。

スポンサーリンク

-シンプルライフ

Copyright© DAILY MIND , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.