植木鉢の代わりになるペットボトルは使い方次第でお洒落

      2016/04/22

写真 2014-07-06 21 39 08

なんか文字入れようとスペース空けて撮ったけどそのまま上げちゃいました。

今回は植物が大好きな皆さんへ贈るちょっとした工夫を紹介します。

受け皿は使いたくない

僕は今まで植物を育てる時にはハイドロボールなる素材を

土の代わりに使っていました。

手入れが楽で受け皿が必要ない(底に穴がない容器でも使用できる)ので。

 

でも、ハイドロボールで育てると育ちが良くない気がするんですよね。

それに水や肥料の加減が難しい。

 

ならばやはり土で育てるべき!と思い立ちましたが

底に穴の開いている容器はあんまりお洒落じゃない。

ホームセンターにある鉢はなんか微妙じゃないですか・・・。

 

そこで本題、トップ画像の容器はとある雑貨屋で気になって買ったものです。

この容器の底はどうなってるのかというと

写真 2014-07-06 21 39 44

穴が開いていないです。

コレに穴を開けるのは面倒ですし、別に受け皿が必要になるとか溜め息が出ますよね。

 

 

柔軟過ぎる素材、ペットボトル

写真 2014-07-06 21 40 02

この容器はあくまでカバーなんです。という考え。

1.5リットルのペットボトルを半分に切った物が鉢本体になると。

 

なぜ切ったボトルをくっつけて無駄なく使ってるかというと、

説明するまでもないですが受け皿の代わりになるからです。

 

細かい工夫でより快適に

写真 2014-07-06 21 41 32

思いっきり三ツ矢サイダーですが。

これで水をやり過ぎても不要な分は穴から出ていきます。

雑貨屋で買った容器は土や水に触れないので、劣化や汚れが抑えられてクリーンですね。

あとがき

しなしなになりかけてたサンスベリアさんですが、

これを機にすくすくと育ってくれるといいなぁ。

そもそも育て方が間違ってたのかもしれませんが、また半年後くらいに

近況報告記事を書きたいと思います。

 - DIY, やってみた