PLEMOの逆さ傘は収納時濡れずにしまえて便利だった

   

以前買ったプレモ折り畳み傘の評判がよく、他の種類の傘も買ってみました。

2種類あるのですが、こちらはプレモの逆さ傘です。

逆さ傘とは?

普通の傘と違う開閉機構を持つ傘

「傘を開いた状態で空気抵抗を与えて引っくり返すアレ」ではありません。

小学生の頃やりましたよね、懐かしい。

こちらの逆さ傘とは普通の傘とは違う開閉機構をもっているものを指します。

そのメリットは何なのかというと、収納時に傘に不着した雨粒で服などを汚さないというもの。

この画像を見て頂くとかなり違和感があるのではないでしょうか。

普通の傘は開く時、持ち手側に傘の外周部が集まっていると思います。

しかし、逆さ傘は傘の中心部が持ち手側にあるのですね。

 

そして、傘に描かれた模様はどちら側の模様なのかというと・・・。

傘の外側ではなく内側でした。

そのため雨を受け止める外側生地の雨粒が身体に当たる可能性を限りなくゼロになったのです。

ちなみに外側はシンプルな黒です。

基本見えませんし、使っている人間が柄を楽しむなら内側についていたほうが良いですよね。

持ち手はアルファベットのCを思わせる形状で、持ちやすさはもちろん、腕にひっかけて両手を開けることも可能。

こういう小さなポイントがプレモ傘の魅力なのかなぁと思います。

実際の開閉動作などは動画を撮ってみたので参考にしてみて下さい。

あとがき

品のある動作ができる傘

この傘について考えてみると、普通の傘よりもスマートな動作に加えて「周囲に迷惑をかけにくいのでは?」と感じました。

濡れた傘を満員電車や行列時に持っていると不快ですからね。

でも、この傘ならそういう心配がありません。

大人はもちろん、子どもが使っても便利な傘でしょう。

 

PLEMO 長傘 逆さ傘 逆折り式傘 改良版 UVカット 晴雨兼用 手離れC型手元 耐風傘 撥水加工 ビジネス用車用 雨の雫 ブラック UA_35R (124センチ)

 - 生活向上, 買ったもの