タブレットをベッドで寝ながら使うスタンド買ってみた

   

iPad Airを購入してAmazonUnlimitedを契約してからというものの、読書量が増えました。

これは良いことだと思い、さらなる高みを目指して買ったのがコレ。

「280度回転式折りたたみ式スタンド」と書いてありましたが、名前の違う似た製品がたくさん出ており下記の名称でもありました。

  • ieGeek ipadスタンド 折りたたみ式 ゴロ寝スマホ&タブレット用スタンド 寝ながらipadホルダー
  • サンコー ゴロ寝スマホ&タブレットスタンド GOROT54S
  • サンコー 超軽量折りたたみ式仰向けゴロ寝デスク SUPGOROD5

画像で見た感じどれも同一製品かと思います。

個人的には「寝ながらipadホルダー」がしっくりきました。

要は身体を上にまたがらせてタブレットやスマホを使うためのもの。

折りたたむ事もでき、軽量コンパクトです。

下の画像とかパット見カメラ用三脚に見えませんか?

2000円しなかった位の価格で、ぶっちゃけ質感はそれなりです。

それなりのアルミとそれなりのプラスチックで形になってますが、欠陥などはありませんでした。

普通に組み立てて普通に使えます。

ただ1つ文句を言うならば、足部分についている滑り止めのスポンジがお粗末なこと。

下記画像をご覧ください。

曲面に思いついたかのように滑り止めシールが貼ってあります。

使ってるうちにポロッと取れてしまいました。(そもそも必要ないのでいいんですけど)

iPad Airの固定に関してはレバー式で簡単です。

保護ケースに付けたままでも固定出来るのは便利ですね。

固定力もそこそこしっかりしてますが、引っくり返すとiPadが自重で落ちる程度です。

そして保護ケースについてるフラップは各自処理が必要。

このスタンドに装着している間はフラップをかけることが出来なくなります。

利用シーンを上から撮ってみた図です。

このスタンドの間に身体が入らない人は違う手段を選んだ方が良いですね。

ちなみに僕は170cm60kgの標準体型で普通に使えてます。

寝ながらipadホルダー総評

便利だけど邪魔

このスタンド、とても便利で寝ながら動画や電子書籍をするには最高です。

しかし、かなりコンパクトなので寝返りが打てません。

すなわちずっと仰向け姿勢が求められるということですね。

また、寝床で使う際「そろそろ眠るか」となるとグイッと持ち上げて布団の横に置くことになります。

翌朝結構邪魔なんですよね。(うち狭いので特に)

「折りたためばよいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、そんなことした日にはもう使わなくなるような気さえしてきます。

iPadの着脱は簡単でも折り畳みは地味に面倒。

そのためずっと出しっぱなしになる事を覚悟しましょう。

まぁ本体はすごく軽いので何らかの手段で壁にかけてしまっても良いかもしれません。

結果的にどうかといえば、買ってよかったですね。

「ベッドサイドに置くクネクネしたiPadスタンドとどちらがいい?」と聞かれると・・・いい勝負です。

こっちは軽くコンパクトなのでいざ不要になった時や持ち運びが楽なんですが、クネクネはそういかないでしょう。

タブレットPC・スマホを自由自在に操作【280度回転式折りたたみ式スタンド】寝ながら動画鑑賞やメールなど 高さ調整も可能 充電可能 ハンズフリー 持ち運び簡単

新品価格
¥1,824から
(2017/2/9 21:46時点)

 - 生活向上, 買ったもの