ヤフオクで違反出品物をスムーズに一括通報する方法まとめ

   

ここ数年フリマアプリなどが賑わっていますが、中古品ネット売買のプレイスとしてヤフオクは未だ王者でもあります。

僕も何かとヤフオクにはお世話になりっぱなしで、改悪されても辞められません・・・。

そんな中、出品者としても落札者としても「違反出品物」の存在は驚異であり迷惑です。

ヤフオクが犯罪や詐欺の温床にならないよう、ヤフオクの違反出品物をスムーズに一括通報する方法をまとめました。

ヤフオクの違反出品物

偽ブランド、コピー品など著作侵害物が大半

何年も前を振り返ると、ヤフオクでは普通に偽ブランド品が買える状態でした。

運営から排除されさすがに消えたかと思った矢先、新たなコピー品販売方法が横行しているようですね。

「ルイヴィトン ノベルティ」

「ロレックス ノベルティ」

ノベルティとは本来メーカーやブランドが販促を目的としてユーザーに配布するモノの事を指します。

違法出品者はノベルティの解釈を利用して「これは◯◯(ブランド名)のノベルティです」とパチモノを堂々と出品している訳ですね。

実際高級ブランドでも主力製品顔負けのバッグや財布、腕時計のノベルティが配られるなんて有り得ません。

あったとしてもブランドから超優良顧客と認められている富裕層位じゃないでしょうか?(想像ですが)

そんな富裕層が「ノベルティです、知人から貰ったものなので詳しくはわかりません」なんて文言でヤフオクに出品する訳ありません。

すなわちヤフオク内にて現在「ノベルティ」という言葉は「コピー品・偽物」の隠語として用いられていると考えられます。

もちろん中には本当にノベルティとして配られたアイテムを出品している出品者もいるでしょう。

大迷惑な話ではありませんか?

他にもヤフオク内を探してみると様々な著作侵害物が当然のように存在し、日々売買が成立しています。

どちらにしろと、利用者がこまめに違反を通報することで若干放置気味の運営も動いてくれるかもしれません。

そこで今回の記事「スムーズに一括通報をする方法」に繋がるのですね。

ヤフオクの違反出品物をスムーズに一括通報

「ヤフオク 違反商品 一括通報」サイトを使う

ある出品者が大量に違反出品物を持っている場合、それら1つ1つに違反通報するのは時間の無駄です。

そこでこのようなサイトがありました。

【ヤフオク 違反商品 一括通報】http://yaxp.s2.xrea.com/

使用方法についてはリンク先の説明を一読下さい。

個別コードの取得の取得が出来れば後は申告内容の選択、違反出品物の商品ページURLをテキストエリアに列記して一括通報という素晴らしいウェブサービスです。

ちなみにスマホからは使えないようです。

違反出品物の商品ページURLを列記するのが大変

実際に試すとわかるのですが、例えば1人の出品者が違反出品物を100点以上販売していたら商品ページURLを100回コピペしなくてはいけません。

それはそれでまた重労働ですよね。

そこで役立つのがChromeアドオン「Scraper

ウェブブラウザ「Google Chrome」に機能を追加するアドオンが役立つのです。

この「Scraper」ですが、ウェブページ内の指定部分を一括でゲットできちゃう優れもの。

  1. Scraperをインストールしたらヤフオクの違反出品者の出品リストページに行く
  2. ブラウザ右上に下記のヘラみたいなマークが追加されているのでクリックして「scrape simular」をクリック
  3. 新しくウィンドウが出てくるので、その画面のselectorの所に「#AS1m1 .a1 h3 a」と入力する
  4. 画面左側にある「Scrape」を押す
  5. 画面右側に該当する情報がズラ~っと出てくる
  6. 「Copy to clipboard」を押してコピー
  7. エクセルなど表計算ソフトにペーストしたのち、再度URLだけコピーし直す。
  8. ヤフオク 違反商品 一括通報サイトのテキストエリアにペースト
  9. 一括通報

このアドオンはCSSを指定して欲しい部分を取得するのですが、ヤフオクの出品リストから商品ページへのURLをゲットするために「#AS1m1 .a1 h3 a」と入力したのですね。

ただ、それだけだとリンク文字とURLの2つが取得されてしまいます。

他に良い設定があるのかもしれませんが、僕はフリーの表計算ソフト(OpenOffice)にコピペして必要なURLだけを再度コピーするという方法を取りました。

表計算であればエクセルでもGoogle スプレッドシートでもなんでも良いと思います。

ヤフオクの出品リストページでは出品物の一覧表示数が100点までで、それ以降は2ページ3ページとなっています。

そのため一度に取得できるURLは100件なのですが、仮に1000点の違法出品があってもこの作業を10回繰り返すだけで1000件のURLを取得することが可能ですね。

出品リストに飛びselectorの設定をしたら2回目以降はページを遷移して「Scrape」を押すだけなので全然手間になりません。

1つ1つ商品ページを見てURLをコピペするのに比べたらとてつもない早さで終わると思います。

あとがき

悪用は厳禁

僕はプログラムなどの詳しい事はほとんどわかりません(htmlとかcss位なら辛うじてわかる程度)

ですが、この組み合わせは考えようによっては悪い使い方も出来るでしょう。

というか、違反出品に該当していないにも関わらず連日一括通報とか狂った事したら運営から何らかの処置を取られるかもしれません。

ヤフオクの通報システム自体はヤフオクの治安を守るために存在しているのですから、迷惑になるような事はくれぐれもお控え下さい。

掲載した情報及びサイトを参考にして発生したいかなる事態・損害にも当サイトは責任を負えませんので、ご了承下さい。

 

最近は高校生(未成年)でも落札に限りヤフオクに参加できるようです。(5万円以下の出品物のみ)

高校生位にもなればブランド品にも憧れるでしょうし、その入手先としてヤフオクを考える人も多いはず。

未成年が高級ブランドを持つ事の良し悪しはともかく、偽物やコピー品を掴まされるなんて許しがたいことです。

そして「高級ブランドなんてパチモンでOK」なんて品の無い思考が根付いてしまわぬよう、正しい方向でこの記事が役立てば幸いです。

 - まとめてみた